Ubuntu Gnome 15.04にlinux版Steamクライアントをインストールしてみる

Pocket



PCゲームと言えばSteamですが、SteamにはLinux用のネイティブクライアントも用意されています。
Linux用クライアントはリリースされた頃にインストールしてみたものの、当時はあまり対応しているゲームを保有していなかったのでそれっきりになっていたのですが、その後何度かのセールを経て保有ゲームが増えてきたので、Ubuntu15.04にSteamのネイティブクライアントを導入してみたいと思います。

クライアントのインストール

まずはクライアントのインストールですが、端末からコマンドでインストールすることもできますし、Ubuntuソフトウェアセンターでインストールすることも可能です。と言いたいところですが、Ubuntuソフトウェアセンターからインストールしようとしてもパッケージが見つからないとでますので、インストールの際はコマンドを利用してください。
steam-linux_01

というわけでインストールの際は、端末に以下コマンドを入力して実行します。
コマンドが完了すればインストール完了、コピペ一発なのであっと言う間です。

sudo apt-get install steam

ちなみに、一度Steamクライアントをアンインストールした後に再度同じコマンドでインストールしようとするとなぜか失敗しますので、再インストールの際は以下のように「-f」オプションを追加し、強制的にインストールする必要があります。

sudo apt-get -f install steam

ネイティブSteamクライアントの実行

インストールが完了したら、早速実行してみましょう。アプリケーション一覧にSteamクライアントが追加されていますので、それをクリックしましょう。
steam-linux_02

アイコンをクリックするとSteamクライアントのアップデートが自動実行され、それが完了するとSteamアカウントを作成するか既存アカウントでログインするか選択するウィンドウが表示されますので、それぞれの環境にあったボタンを押します。私はアカウントを所有していますので、下の「LOGIN TO AN EXISTING ACCOUNT」ボタンをクリックします。
steam-linux_03

ウィンドウが切り替わったらログイン情報を入力してログインします。
Steamガードを有効にしている場合はそれ用の手続きもWindowsと同様です。一連の手続きが完了したらSteamクライアントが起動します。
steam-linux_04

Steamクライアントの日本語化

せっかくですのでSteamクライアントを日本語化してみます。
といっても、普通に設定を変更するだけです。Steamクライアントのメニューから「View」->「Settings」を選択します。
steam-linux_05

「Settings」ウィンドウが開いたら、左ペインから「Interface」を選択して右ペインの上にある「Select the language you wish Steam to use(requires Steam to restart)」のリストから「日本語(Japanese)」を選択して「OK」ボタンをクリックします。
steam-linux_06

「OK」ボタンを押すと一旦Stemクライアントが終了します。再度アクティビティのアプリケーション一覧からSteamを起動すると、今度は日本語でSteamクライアントが実行されます。特に特別な設定を行う必要も無く日本語になりますので助かりますね。
steam-linux_07

また、下のスクリーンショットのように、bigpictureモードもきちんと動作します。
このように、「Steamクライアント」としては完全に動作しています。
steam-linux_08

肝心のゲームは動作するの?

えーと、結論から先に言ってしまえば、手持ちのゲームを5つ(Borderlands2、Serious Sam3:BFE、Legend of Grimrock、Outlast、Portal2)試してOutlastのみゲームプレイが可能でした。他の4作品については起動ロゴすら拝むことができない状態です。
steam-linux_09
steam-linux_10

実は、今回Linux用のSteamクライアントを導入しようと思ったのは、wine(playonlinux)でBorderlands2かSerious Sam3:BFEをインストールしてプレイしようとしたところ、Borderlands2は起動せず、Serious Sam3は普通にプレイできるものの音が出ない不具合を回避することができなかったためでした。Linux用クライアントならもしかしてと思ったのが発端だったのですが、非常に残念な結果になってしまいました。ただ、これであきらめるのもどうかと思うので、次はそれなりのサイズのUSBメモリを調達してきてUSBメモリにSteamOSをインストールしてどのゲームがプレイできるか確認してみたいと思います。

近日中にそちらの記事もアップしたいと思いますので、気になる方はこまめにチェックいただければ幸いです。

3 comments for “Ubuntu Gnome 15.04にlinux版Steamクライアントをインストールしてみる

  1. シュウム
    2015年11月29日 at 02:03

    これと同じようにアプリケーション一覧からsteamをクリックしても反応がないんですが、、

    OSは同じヤツの32bit版です。

    • namakemono345
      2015年11月30日 at 21:00

      起動しない原因は色々ありますので解決策を提示することができません。
      ごめんなさい。

      ただ、回避策はいくつかあるかと思います。

      1.グラフィックドライバを更新してみる。
      2.64bit版のUbuntuで試してみる。
      3.playonlinuxでSteamを動かしてみる。

      お勧めは3番ですよ。
      仮にネイティブのSteamが動いても、対応していているにもかかわらず動かないゲームが多いですし。

  2. M4X
    2016年3月19日 at 02:58

    ありがとうございます15.10でも動きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。