Ubuntu Gnome 15.04にskypeをインストール

Pocket



皆さんSkype使っていますか?
無料で使えるし、とても便利ですよね。

公式サイトを見ればすぐに気がつくと思いますが、UbuntuでもSkypeを問題なく利用することができます。
ですが、公式からダウンロードできるのは10.04用と12.04用のパッケージのみです。

ぱっと見15.04ではSkypeが利用できないのかと誤解してしまう方もいるかもしれませんが
Ubuntu15.04でもちゃんとSkypeが使えます。コツは公式サイトのパッケージを使わないことです。

リポジトリの追加

ソフトウェアセンターで検索してもパッケージが引っかからないのに、公式サイトのパッケージを使わないでどこからパッケージを取得するのか?
それは、Canonicalパートナーのリポジトリからです。未設定の状態で「apt-cache search」もしくはUbuntuソフトウェアセンターで検索しても何も引っかかりませんが、Canonicalパートナーのリポジトリを追加してから検索すると、きちんとヒットするようになります。ですので、まずはリポジトリの追加から始めましょう。

ソフトウェアとアップデートの設定変更

リポジトリを追加するには、まず画面左上にマウスをぶつけるか、「アクティビティ」をクリックします。

画面が切り替わったら、左のドッグの一番下、「■」が9つ並んでいるアイコンをクリックし、ソフトウェア一覧が表示されたら「ソフトウェアとアップデート」をクリックします。
skype_01_l

ウィンドウが開いたら「他のソフトウェア」タブをクリックし、「Canonicalパートナー」のチェックボックスをクリックします。
skype_02_l

タイミングによっては、パスワードの入力を求められますので、ログイン時に入力するパスワードを入力してください。
skype_03_l

必須では無いのですが、「Canonicalパートナー(ソースコード)」にもチェックを入れてみました。
skype_04_l

「Canonicalパートナー」のリポジトリが追加されたことで、キャッシュされているソフトウェア情報の更新を促されますので、
「再読込」ボタンをクリックします。
skype_05_l

再読込中・・・
skype_06_l

skypeのインストール

再読み込みが完了したら、Ubuntuソフトウェアセンターを起動し、検索窓に「skype」と入力して「Client for Skype VOIP and instant messaging service」を選択してインストールするか、terminal(端末)を起動して以下コマンドを実行してSkypeをインストールします。
skype_07_l

sudo apt-get install skype

Skypeの実行

インストールが完了すると、下のスクリーンショットのようにソフトウェア一覧にSkypeのアイコンが追加されます。
skype_08

実行すると、SkypeアカウントかMicrosoftアカウントでログイン可能です。
昔からSkypeを利用している人はSkype名をクリックですよ。
skype_09_l

今回はこんなところで終了です。
Skypeはオンライン英会話なんかでもよく使われますので、Ubuntuでちゃんと使えるのはありがたいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。