Ubuntu16.04にPlayOnLinux経由でSteamをインストールしてゲームをプレイ(ゲームのインストールはOKだが、PlayOnLinuxの設定ウィンドウ開かず)

Pocket



最近あまりLinux環境でゲームをプレイしなくなっていたことに気がついたので、最近の状況の確認も兼ねて久しぶりにUbuntu環境にPlayOnLinuxでSteamの実行環境を構築してみることにしました。何年か前は環境を作るのが結構大変だったような記憶があるのですが、最近の状況はどうなっているんでしょうか。

PlayOnLinuxのインストール

まずはインストールですが、端末上でコマンドを一つ叩くだけなのでさくっと実行してしまいましょう。

sudo apt-get install playonlinux

PlayOnLinuxでSteamのインストール

インストールが完了したら、とりあえず「アクティビティ」のソフトウェア一覧から「PlayOnLinux」を選択して実行しましょう。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_01

せっかくなので、PlayOnLinuxのインストールメニューからSteamがインストールできるか確認してみることにします。
PlayOnLinuxのメニューから「インストール」をクリックします。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_02

こんな感じでリストを更新しようと頑張ってくれますが、残念ながら数分待ってみても状況は変わりません。
この辺りは昔から変わっていませんね。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_03

ここまではある程度予想していたので気にせずいきましょう。
とりあえずPlayOnLinuxのウィンドウはそのままにしておいて、公式サイトからSteamのWindows用インストーラをダウンロードしましょう。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_04

Windows用インストーラのダウンロードが完了したら、先ほどのPlayOnLinuxインストールメニューのウィンドウ下部にある「リストにないプログラムをインストールする」をクリックします。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_05

いくつかの注意点が表示されるので、内容を確認したら「次へ」ボタンをクリックします。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_06

注意点の2ページ目です。
こちらも確認したら「次へ」ボタンをクリックします。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_07

注意点の確認が済んだらインストール開始です。
手動インストールウィザードが起動するので「次へ」ボタのクリックします。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_08

最初にインストール先をどうするか聞いてくるので「Instell a program in a new virtual drive」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
今回は初回なので新しい仮想環境を作りましたが、次回以降手動でプログラムをインストールする場合はまっさらな環境を作りたいのでもなければ「Edit or update an existing application」で既に存在する環境にインストールすれば良いでしょう。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_09

次は新しい仮想環境に任意の名前を付けます。
今回はsteam用の仮想環境を作るので、「steam」という名前をつけて「次へ」ボタンをクリックします。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_10

特定のバージョンのWineやライブラリをインストールする場合は必要な箇所にチェックを入れる必要がありますが、今回は特別何かする予定は無いので、特に何もせず「次へ」ボタンをクリックします。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_11

次は32bit版の仮想環境にするか64bit版の仮想環境にするかの選択です。
今回はとりあえず32bit版を選択しておきますが、ここの選択によってもプログラムが動作するかどうかが変わってくるので、使いたいソフトによって試行錯誤してみてください。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_11

仮想環境にインストールするプログラムの選択に入ります。
参照ボタンをクリックしましょう。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_12

プログラムの選択ダイアログが開くので、先ほどダウンロードした「SteamSetup.exe」を選択した後「Open」ボタンをクリックします。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_13

ウィンドウに「SteamSetup.exe」が表示されたのを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_14

しばらくはインストーラの支持に従って進みます。
Steamのインストーラが起動しますので、「次へ」ボタンをクリックしょう。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_15

「13際以上であり、使用許諾契約書の内容に同意する」にチェックを入れ「次へ」ボタンをクリックします。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_16

次はSteamインストーラの言語選択です。
おそらく既に日本語が既に選択されていると思いますが、日本語を選択して「次へ」ボタンをクリックします。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_17

Steamのインストール先ですが、変更しても特に意味はありませんし、そのまま「インストール」ボタンをクリックします。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_18

Steamのインストールが完了したら「Steamを実行」のチェックを外し、「完了」ボタンをクリックします。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_19

Steamのインストーラが終了したところで、PlayOnLinux上に作成するショートカットのリンク先実行ファイルを選択します。
今回は「Steam.exe」を選択して「次へ」ボタンをクリックします。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_20

実行ファイルを選択したらショートカットに名前を付けます。
今回はSteamのショートカットなのでそのまま「Steam」と名前を付けて「次へ」ボタンをクリックします。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_21

ショートカットの名前を付けたら、つい先程表示されたのと同じウィンドウが再び表示されるので、今度は「I dont want to make another shortcut」を選択して「次へ」を選択します。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_22

PlayOnLinuxのウィンドウに「Steam」と書かれたアイコンが追加されたらPlayOnLinuxへのSteamのインストール作業は成功です。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_23

Steam実行の前に(文字が表示されない問題への対処)

Steamのインストールが完了したところで早速実行してみたいところではありますが、このまま実行しても下のように一切の文字が表示されません。ゲームのインストールに入る前にこの問題に対処したいと思います。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_24

ついでにこんなエラーも発生しますが、気にしたら負けです。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_25
UbuntuGnome16-04_playonlinux_26

さて、文字が表示されない問題への対処ですが、先ほどのPlayOnLinuxインストールウィザードで作成されたショートカットに記載されたスクリプトを若干書き換えればOKです。
ショートカットは「./PlayOnLinux/shortcuts/」以下に保存されているので、nautilus(ファイルマネージャ)で該当フォルダを表示します。先ほど「Steam」と名前をつけたスクリプトファイルを見つけたらgeditなどのテキストエディタで開きます。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_27

テキストエディタでファイルを開くと、以下のようなスクリプトが記述されているかと思います。

#!/usr/bin/env playonlinux-bash
[ “$PLAYONLINUX” = “” ] && exit 0
source “$PLAYONLINUX/lib/sources”
export WINEPREFIX=”/home/自分のユーザー名/.PlayOnLinux//wineprefix/steam”
export WINEDEBUG=”-all”
cd “/home/自分のユーザー名/.PlayOnLinux//wineprefix/steam/drive_c/./Program Files/Steam”
POL_Wine “Steam.exe” “$@”

このスクリプトの最終行、「POL_Wine “Steam.exe”」の後に「-no-dwrite」を追記してファイルを上書き保存しましょう。

#!/usr/bin/env playonlinux-bash
[ “$PLAYONLINUX” = “” ] && exit 0
source “$PLAYONLINUX/lib/sources”
export WINEPREFIX=”/home/自分のユーザー名/.PlayOnLinux//wineprefix/steam”
export WINEDEBUG=”-all”
cd “/home/自分のユーザー名/.PlayOnLinux//wineprefix/steam/drive_c/./Program Files/Steam”
POL_Wine “Steam.exe” -no-dwrite “$@”

追記が完了したら、あらためてPlayOnLinuxのウィンドウから「Steam」のショートカットを実行します。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_23

相変わらず「プログラムエラー」のウィンドウが表示されるものの、先ほどとは違ってSteamのウィンドウにちゃんと文字表示されているのが確認できるかと思います。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_28

Steamへのログイン

このページを見ている時点でSteamのアカウントを持っていることと思いますのでアカウントを持っていることを前提に話を進めます。
先ほどのウィンドウで「既存のアカウントにログインする」をクリックし、「アカウント名」「パスワード」を入力し、「ログイン」ボタンをクリックします。
ちなみに「パスワードを保存する」のオプションもちゃんと動作します。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_29

Steamガードを設定していれば、これもちゃんと動作しているのが確認できます。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_30

スペシャルアクセスコードの入力ウィンドウもちゃんと動作します。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_31

コンピュータの認証もちゃんとクリア可能です。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_32

Steamブラウザやゲームの動作確認

ログインが完了したところでSteamブラウザの動作確認ですが・・・
残念ながらストアページが真っ黒で表示されません。
BigPictureモードも動作しないようです。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_33

ただ、既に購入済みのゲームについては基本的に問題無くダウンロード、インストールが可能です。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_34

試しにDARK SOULSやDeusEx:HumanRevolution、LIMBOなどリスト内のゲームを何本か適当にダウンロードして実行してみましたが、メニューまでは表示されますがゲーム画面が崩れたりキー入力の瞬間に動作を停止したりと、残念ながらゲーム本編のプレイは不可能でした。
UbuntuGnome16-04_playonlinux_35

昔よくやっていたようにPlayOnLinuxの設定を変更すれば動くゲームもありそうですが、私の環境ではapt-get installでインストールできるバージョンのPlayOnLinuxではPlayOnLinuxの設定ウィンドウ自体が開かないため、それも不可能です。そのため旧バージョンのdebパッケージを拾ってきてインストールするなどの対応が必要かと思われます。
ただちょっと長くなってきたので、そのあたりはまた別の機会に試したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。