Ubuntu16.04にPlayOnLinux経由でSteamをインストールしてゲームをプレイ(ゲームのインストール設定ウィンドウ)


前回は久しぶりにubuntu gnome16.04にPlayOnLinuxをインストールしてみたわけですが、私の環境ではPlayOnLinuxの設定ウィンドウが開かず、ゲームを動かすための環境構築ができずに終わってしまいました。
その後設定ウィンドウが開かない問題を解決するために色々と試行錯誤していたわけですが、幸いなことに設定ウィンドウが開く状態で最新版のPlayOnLinuxを使うことができるようになりましたので、そのメモを残しておきたいと思います。
ちなみに大まかな流れとしては、旧バージョンのPlayOnLinuxをインストールするために必要なパッケージを拾ってきて順次インストール、その後PlayOnLinux4.1.9をインストールして設定ウィンドウが開くことを確認、最後にPlayOnLinuxを最新版にアップデートして作業完了となります。

必要なパッケージのダウンロード

それでは早速始めましょう。
以下リンクからPlayOnLinux4.1.9本体と、それに依存しているパッケージを全てダウンロードします。
PlayOnLinux4.1.9.deb
libgstreamer0.10-0_0.10.36-1.2ubuntu3_amd64.deb
libgstreamer-plugins-base0.10-0_0.10.36-1.1ubuntu2_amd64.deb
libwxbase2.8-0_2.8.12.1+dfsg2-2ubuntu2_amd64.deb
libwxgtk2.8-0_2.8.12.1+dfsg2-2ubuntu2_amd64.deb
libwxgtk-media2.8-0_2.8.12.1+dfsg2-2ubuntu2_amd64.deb
python-wxgtk2.8_2.8.12.1+dfsg2-2ubuntu2_amd64.deb

PlayOnLinux4.1.9のインストール

パッケージのダウンロードが完了したら順次パッケージをインストールしていきます。
先ほどダウンロードしたパッケージは「~/ダウンロード/」もしくは「~/Downloads/」に保存されているかと思いますので、まずはターミナル(端末)を開いて以下コマンドでディレクトリを移動します。

cd ~/ダウンロード/
もしくは
cd ~/Downloads/

ディレクトリを移動したら、ターミナル(端末)上で以下コマンドを上から順番に実行してインストールします。

sudo dpkg -i libwxbase2.8-0_2.8.12.1+dfsg2-2ubuntu2_amd64.deb
sudo dpkg -i libwxgtk2.8-0_2.8.12.1+dfsg2-2ubuntu2_amd64.deb
sudo dpkg -i libgstreamer0.10-0_0.10.36-1.2ubuntu3_amd64.deb
sudo dpkg -i libgstreamer-plugins-base0.10-0_0.10.36-1.1ubuntu2_amd64.deb
sudo dpkg -i libwxgtk-media2.8-0_2.8.12.1+dfsg2-2ubuntu2_amd64.deb
sudo dpkg -i python-wxgtk2.8_2.8.12.1+dfsg2-2ubuntu2_amd64.deb
sudo apt-get install wine
sudo dpkg -i PlayOnLinux_4.1.9.deb

PlayOnLinux4.1.9の動作確認

この段階で、PlayOnLinuxのver4.1.9が実行可能になります。
動作確認も兼ねて一度PlayOnLinuxを実行し、設定ウィンドウが開くことを確認しておきましょう。
画面左上の「アクティビティ」からアプリケーション一覧を表示し、「PlayOnLinux」を選択します。
UbuntuGnome16-04_playonlinux-ok_01

下のようなメッセージが表示されますので、内容をよく確認して「Yes」「No」を選択してください。
英語が壊滅的にできない私的にはどっちでもいいとは思いますが、信用せずにちゃんと英文を読んで判断してください。
他にPlayOnLinuxのもっと新しいverがあるよ!なんてメッセージなども表示されますが、特に何もしないのでそのまま閉じてしまってください。
UbuntuGnome16-04_playonlinux-ok_02

「PlayOnLinux first use」と書かれた初回起動時のメッセージも表示されますが、こちらは閉じようとしても閉じられないので、とりあえずそのままにしておいてください。
UbuntuGnome16-04_playonlinux-ok_03

その間に、PlayOnLinuxの設定ウィンドウが表示されることを確認しておきましょう。
UbuntuGnome16-04_playonlinux-ok_04

こんな感じでウィンドウが開けばとりあえずOKです。
ウィンドウが開いたことが確認できたら、xボタンでウィンドウを閉じてください。
UbuntuGnome16-04_playonlinux-ok_05

続いてPlayOnLinuxのウィンドウも閉じてください。
UbuntuGnome16-04_playonlinux-ok_06

最新版のPlayOnLinuxインストール

PlayOnLinux4.1.9の動作確認が済んだら、次は以下コマンドを実行して最新版のPlayOnLinuxをインストールします。

sudo apt-get install playonlinux

インストールが完了したら、PlayOnLinux4.2.10の実行とバージョン確認、設定ウィンドウが開くのを確認しておきましょう。
UbuntuGnome16-04_playonlinux-ok_07

ここまで確認できたら、前回と同じ流れでSteamとゲームをインストールしてみましょう。
今回は前回キー操作をしようとした瞬間にクラッシュしていたLIMBOで動作確認してみましたが、PlayOnLinuxの設定がデフォルトのままでは前回と同じくクラッシュしてしまいましたが、PlayOnLinuxの設定ウィンドウを開いて調整した結果、きちんと動作させることができました。
UbuntuGnome16-04_playonlinux-ok_08

Life Is Strangeも動作OKです。
UbuntuGnome16-04_playonlinux-ok_09

DeusEx:Human Revolutionはチラつきますがやろうと思えばプレイできるレベルです。
UbuntuGnome16-04_playonlinux-ok_10
フルスクリーンも動作します。
UbuntuGnome16-04_playonlinux-ok_11

PlayOnLinuxや手動でインストールしたパッケージの削除

今回は手動で色々なパッケージをインストールしているので、これらの削除方法のメモも残しておこうと思います。
削除の際は、以下コマンドを順番に実行していけばOKです。

sudo apt-get remove playonlinux
sudo apt-get remove wine
sudo dpkg -r python-wxgtk2.8
sudo dpkg -r libwxgtk-media2.8-0
sudo dpkg -r libgstreamer-plugins-base0.10-0
sudo dpkg -r libgstreamer0.10-0
sudo dpkg -r libwxgtk2.8-0
sudo dpkg -r libwxbase2.8-0
sudo apt-get autoremove

やりたいゲームを狙って動かすのはなかなか難しい・・・

他にもいくつか適当にゲームをインストールしてみた感じから言うと、最新ゲームやここ2〜3年で発売されたゲームは厳しいですが、それより前のゲームや2D系だったりするとかなりの確率で動作する感じですね。
もし特定のゲームの動作について調べたい場合は、WineHQで調べてみてください。動作状況やインストールが必要なもの、設定などについての情報を入手できます。

個人的には、今回Dark Souls1か2がやりたくて環境を作ったんですが、1は原因不明の画面スクロールが止まらず、2についてはメニューすら拝めずで若干空振り気味の結果になってしまいました。
ただ、WineHQのDarkSouls1の項目を見ると、1についてはdsfixを入れれば普通に遊べそうだし、それ以外にも積んだままにしているゲームもあるし、せっかく環境を作ったわけだから動きそうなやつを何か崩そうかなぁなんて思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。