マインドマップツールのfreeplaneを使ってみる


最近ちょっとした考えごとをすることがあるのですが、なかなか考えがまとまらずに困っていたところ、マインドマップという思考ツールのことを思い出しました。思い出したついでにUbuntuで使えるソフトを調べてみたところ、freeplaneという名前のものがリポジトリに登録されているようなので、インストールして試してみたいと思います。

freeplaneのインストール

まずはインストールですが、端末を開いて以下コマンドを実行します。

sudo apt-get install freeplane

インストールが完了すると、アプリケーション一覧にfreeplaneのアイコンが追加されます。
早速クリックして実行してみましょう。
ubuntugnome16-10_freeplane_01

・・・何もおきません・・・何が原因なんでしょうか?
試しに端末で実行してみると以下のようにエラーメッセージが表示されます。
ユーザーディレクトリに「exports」フォルダを作成しても、「exports」という名前の空のファイルを作成しても実行出来ないところを見ると、何かしらのバグで動作が妨げられているようです。

org.knopflerfish.framework.readonly=true
org.knopflerfish.gosg.jars=reference:file:/usr/share/freeplane/core/
org.freeplane.basedirectory=/usr/share/freeplane
java.security.policy=/usr/share/freeplane/freeplane.policy
org.osgi.framework.storage=/usr/share/freeplane/fwdir
Knopflerfish OSGi framework launcher, version
Copyright 2003-2016 Knopflerfish. All Rights Reserved.
See http://www.knopflerfish.org for more information.
java.lang.IllegalArgumentException: Failed to read exports: java.io.FileNotFoundException: /home/user/exports (そのようなファイルやディレクトリはありません)
at org.knopflerfish.framework.SystemBundle.addSysPackagesFromFile(SystemBundle.java:699)
at org.knopflerfish.framework.SystemBundle.initSystemBundle(SystemBundle.java:557)
at org.knopflerfish.framework.FrameworkContext.init(FrameworkContext.java:402)
at org.knopflerfish.framework.SystemBundle.doInit(SystemBundle.java:622)
at org.knopflerfish.framework.SystemBundle.init(SystemBundle.java:152)
at org.knopflerfish.framework.Main.assertFramework(Main.java:446)
at org.knopflerfish.framework.Main.handleArgs(Main.java:546)
at org.knopflerfish.framework.Main.start(Main.java:224)
at org.knopflerfish.framework.Main.main(Main.java:156)
at org.freeplane.launcher.Launcher.run(Launcher.java:115)
at org.freeplane.launcher.Launcher.launch(Launcher.java:80)
at org.freeplane.launcher.Launcher.main(Launcher.java:67)
Error: Command “-istart org.freeplane.core” failed, Failed to read exports: java.io.FileNotFoundException: /home/user/exports (そのようなファイルやディレクトリはありません)

調べてみたところ、こちらのサイトに情報があり、新たなdebパッケージがリリースされているようで、自分でダウンロードしてくれば良いようです。
debパッケージのダウンロードから上書きインストールするために順番に実行するコマンドは以下になります。

wget http://launchpadlibrarian.net/292833255/libknopflerfish-osgi-framework-java_5.2.0-1ubuntu0.1_all.deb
sudo dpkg -i libknopflerfish-osgi-framework-java_5.2.0-1ubuntu0.1_all.deb
rm libknopflerfish-osgi-framework-java_5.2.0-1ubuntu0.1_all.deb

freeplaneの実行と簡単な使い方

無事にコマンドが完了したら、先ほど同様アプリケーション一覧からfreeplaneを実行してみましょう。
さきほどとは違い、スプラッシュスクリーンの後以下のようなウィンドウが表示されればOKです。
ubuntugnome16-10_freeplane_02

テンプレート選択の小ウィンドウから「standard.mm」が選択されていることを確認して「OK」ボタンをクリックすれば、下のスクリーンショットのようにマインドマップが使えるようになります。
ubuntugnome16-10_freeplane_03

そして、左右の矢印をクリックするとメニューや書式設定メニューなどが開きます。
ubuntugnome16-10_freeplane_04

メニューが開くとこんな感じ。
ubuntugnome16-10_freeplane_05

元になるノードをクリックして選択した状態でメニューの「編集」から「新規ノードの作成」で「新規子ノードの作成」などとしていくと、言葉を繋いでいくことができるようです。
また、ctrlを押しながら2箇所のノードを選択した状態でメニューの「編集」から「コネクタの付加」とすると、矢印でノードを繋ぐことができるようです。
で、言葉を繋いでいくとこんな感じになります。
ubuntugnome16-10_freeplane_06

さて、簡単な使い方も理解したところで、悩みの種の解決のために頭の中の整理に入りたいと思います。
それにしてもうまく整理できるかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。