Chromecastが接続できない時に確認すべきポイント(無線LANルータにLAN-W300N/Rを使用している場合)

Pocket



先日楽天でGoogleのChromecastを購入しました。通常4,200円のところ半額の2,100円でしたので、楽天は普段全く使わないのですが気がついた時には思わずぽちっと購入ボタンを押していました。
そしてそれが本日到着したわけですが、若干トラブった上にネット上で解決策を見つけることができなかったので、ここにメモとして残しておきたいと思います。
LAN-W300N/Rをご利用の方はきっと参考になるかと思いますので、うまくいかない時は参考にしていただければと思います。

トラブルの内容

タイトルの通りですが、下の画像、Chromecastの箱に書いてある設定手順通りに設定していったところ、3.のアプリで設定の最中、スマホとChromecastが同じwifiネットワークに参加出来ているにもかかわらず、「ネットワーク上でChromecastを検出できませんでした。」と表示されるというものです。
もう一度箱を見なおしても、下の説明書き以外には何も書いてありませんし、説明書も入っていません。これはどうしたものかと数分ほど考え込んでしまいました。
Chromecastの箱に書いてある設定手順

動作環境の確認

考えてみても解決策をひらめくわけでも無く、ただただ時間が過ぎていくばかりですので、トラブルシューティングの基本、「エラーメッセージでググってみる」を実行してみることにしました。
その結果、こちらこちらにあるとおり・・・

・ネットワーク環境:802.11b/g/n Wi-Fi(802.11n 2.4GHz のみ)
          ルータがUPnPに対応している必要がある
・無線セキュリティ:WEP、WPA/WPA2

あたりが今回のトラブルに関係していそうなことがわかりました。
我が家の無線LANルータ「LAN-W300N/R」は、新品でも2,000円代という安物ですが、ハードウェアの仕様的にもUPnP対応も含めてクリア、更に無線セキュリティも問題なさそうです。

無線LANの設定状況を見直し

説明書は無いし、機械的にも問題無し、「LAN-W300N/R Chromecast」でググってみても心細い結果しかヒットしません。何か手がかりは無いものかとLAN-W300N/Rの無線LAN設定にある「詳細設定(上級者向け)」のところを眺めていたところ、「CTSプロテクト」と「WMM」という項目のところで目が止まりました。
LAN-W300N/Rの説明書を確認したところ、

・CTSプロテクト:11gと11bを併用する場合に11bの帯域を確保するかの設定(デフォルト:なし)
・WMM:WMM(Wi-Fi Multimedia)により安定したストリーミング通信をするための帯域を優先的に確保するかの設定(デフォルト:無効)

とのことでした。
LAN-W300N-R

これらは、Chromecastの動画配信にも関係してくる項目ですので、試しに設定を「自動」「有効」に変更してLAN-W300N/Rを再起動した後、再度スマホアプリから再設定を実行したところ、見事認識されてセットアップが完了し、youtubeのTV画面での動画再生にも無事成功、なんとかChromecastを有効活用できるようになりました。

使ってみた感想

こんな感じですんなりはいかなかったものの、なんとかChromecastが使えるようになりました。
まだyoutubeの動画しか試していませんが、公式動画などは高画質ですので、TVで見ても思った以上に綺麗に見えますね。最近家族がyoutubeの動画を見るようになって来たところでしたので、とても良い買い物になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。